未分類

鍼灸師になったきっかけ

投稿日:

私は大学に行くのが当たり前なくらいの高校でしたが、

その高校に「国公立に行かないやつはダメだ。」という教師がいました。

「教師しかやってない(であろう)やつが、

世の中を知ったようなことがよく言えるもんだ。

こんなアホな大人の下で働くのは嫌だから、早く独立できる仕事にしよう。」と思い、

そのころ通っていた接骨院は老人が毎日来て電気当てるだけで儲かって楽そうだなあ。

と思ったことがきっかけでで、この業界を選びました。笑

接骨院は、柔道整復師という国家資格が必要だけど、

マッサージや鍼灸(はり・きゅう)の国家資格もあるといいよ。

とアドバイスをいただいたので、

入学が難しい“マッサージ”と“はり”と“きゅう”の資格が取れるクラスを先に選択し入学しました。

どちらかというとマッサージを取ることしか眼中にありませんので、

はりきゅうのことには興味が湧きませんでした。

骨格や筋肉のことを勉強するものだと思いきや、

東洋医学の授業で五行(木火土金水)が出てきたときには、

「なんだこの宗教くさいのは!」などと言っていました笑

クラスの5分の4くらいの社会人経験者のうちの1人が、

「良い鍼灸を体験してないからわからんのかもね。紹介するから行っておいで。」

と勧められて行った鍼灸院が、現在の師匠の鍼灸院です。

同時に何人も待合に人がいるわけではなく、ベッドが1台だけ。

低周波などの大掛かりな機器もなく、シンプルなもの。

特に症状は無かったので雰囲気を知るくらいのつもりでしたが、

問診から始まり、脈診、腹診など、体の隅々までしっかりとチェックのあと、

丁寧な説明や普段の食生活の話などをしていただき、

「こんなに人と向き合う仕事なんだ!!」と、衝撃を受けました。

それ以来、学校での東洋医学の授業をまじめに受け、柔道整復師になることはなく、

1年間バイト扱いの治療院(?)で働き、こぐま治療院を開業し今に至ります。

患者さんの主訴も大切ですが、1人の人間と向き合う。という理念があって、

現在の鍼灸師としての私がいます。

--------------------
こぐま治療院
名古屋市南区豊田1丁目28-19
道徳駅より徒歩5分 熱田神宮より車で5分
診療時間 11:00〜20:00
休診日 日曜日
電話番号 052-613-8064
LINE@ID koguma-chiryoin
友だち追加
--------------------

-未分類

Copyright© こぐま治療院 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。