未分類

難病・ガンを治すときに一番大切だと思っていること

投稿日:

ネット上では抗ガン剤や放射線治療などが危険という風潮が広まってきましたが、まだまだネットで健康情報などに触れる機会が少ない人たちにとっては、唯一の選択肢なのではないでしょうか?

西洋医学に頼りたくない。と当院での鍼灸や周波数調整を選択される方もいます。

現に、難病と言われる方でお薬が必要なくなるほどになられた方もたくさんいらっしゃいます。

西洋医学つまり対処療法ではなく、いわゆる民間療法を選択される事自体は良い選択だと思うのですが、私がその際に気をつけていただきたいと常々思っていることを今日は書かせてもらいます。

当院に来られる方は、フェイスブックのおかげか、西洋医学に不信感を持っている方が多いです。
そのため難病といわれる方もいらっしゃいます。

家族がガンだから。と相談をいただくこともあります。

そういった一部の人は「西洋医学は悪だから、民間療法を受ける。」という感覚で、医者に依存せず、我々民間療法者や、治療法に依存している人がいるということが問題です。

自分の病気を調べず、ただ施術を受ける。

これは依存先が変わっただけで、根本的なメンタルの面では何も変わっていません。

軽いものであれば方法が変わっただけで、変化は起きるかもしれませんが、難病であるほどメンタルは大きく関わってくるのです。

そういった意味では、私は抗ガン剤や放射線治療を受けることが100%良くないとは思いません。

その患者さん本人が自分の病気を調べ、どうして病気になったかを真剣に考え、治療法のメリット・デメリットを自分で納得できるくらい調べた場合、どんな治療でもいいと思うのです。

一番良くないのは、医者を盲目的に信じ、自分の命を任せることだと思います。

しかし、ただ西洋医学が嫌だから。という理由で民間療法を受けるというのも、また意味があまりないのかもしれません。
これはご家族を紹介するときにも気をつけてもらいたいことです。

本人にきちんと説明し、本人が治そうと思わなければ、本当の意味での治癒はないのだと思っています。

--------------------
こぐま治療院
名古屋市南区豊田1丁目28-19
道徳駅より徒歩5分 熱田神宮より車で5分
診療時間 11:00〜20:00
休診日 日曜日
電話番号 052-613-8064
LINE@ID koguma-chiryoin
友だち追加
--------------------

-未分類

Copyright© こぐま治療院 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。